TOP > 食育プロジェクト

育てる×料理する×食べる 食育プロジェクト

料理研究家の田中愛子先生をお迎えし、
食育を通して子どもたちのすこやかなこころと体を育てます。

本園には子どもたちの畑やハーブ畑があり、そこで自分たちで作物を植え、世話をし、収穫しています。実際に子どもたちは食材とふれあい、その食材を料理し、食べることで、「食」に関する過程を体験します。そして、年長組では包丁を使って料理することで、「食」の楽しさや大切さを知り、望ましい食生活の定着、こころと体の育成に力を入れています。

育てる

育てる

自分たちで苗植えをし、水やりや草むしりなど世話をしながら、作物の成長を見守り、収穫を迎えます。

↓

料理する

料理する

収穫した食材を使い、自分たちの手で、皆で力を合わせて料理を作っていきます。

↓

食べる

食べる

出来上がった料理をいただきます。全て自分たちで行うことで「食」の楽しさや大切さを体験します。

自分の名前入りのmy包丁を使って料理を体験。

料理研究家 田中愛子先生 プロフィール

和・洋・中・菓子と幅広く食分野に精通しており、手軽に誰にでもできるレシピと斬新なテーブルコーディネートが人気。NHK「きょうの料理」雑誌「あまから手帖」をはじめテレビ、新聞、ラジオなどの各分野で活躍。また語学力を生かし、海外の食事情や食文化の取材にも活動の場を広げておられます。